世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら(If the world were a village of 100 people)は、インターネット上でチェーンメールのように広まって、世界的に流布した世界の人々の相互理解、相互受容を訴えかける「世界村」(en:global village)について示唆を与える文章のことである。2001年前後から世界的に広まった。(wikiより)


今朝、目が覚めたときあなたは今日という日にわくわくしましたか。
今夜、眠るときあなたは今日という日にとっくりと満足できそうですか。
今いるところが、こよなく大切だと思いますか。

すぐに「はい、もちろん」といえなかったあなたにこのメールを贈ります。
これを読んだらまわりがすこし違って見えるかもしれません。

世界には63億人の人がいますがもしそれを100人の村に縮めるとどうなるのでしょう。

100人のうち

52人が女性です
48人が男性です

30人が子どもで
70人が大人です
そのうち7人が
お年寄りです
90人が異性愛者で
10人が同性愛者です

70人が有色人種で
30人が白人です

61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です

33人がキリスト教
19人がイスラム教
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています
5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています
24人は、ほかのさまざまな宗教を信じているかあるいはなにも信じていません

17人は中国語をしゃべり
9人は英語を
8人はヒンディー語とウルドゥー語を
6人はスペイン語を
6人はロシア語を
4人はアラビア語をしゃべります
これでようやく、村人の半分です
あと半分はベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などをしゃべります

いろいろな人がいるこの村ではあなたと違う人を理解すること相手をあるがままに受け入れることがとても大切です

また、こんなふうにも考えてみてください。
村に住む人びとの100人のうち
20人は栄養がじゅうぶんではなく1人は死にそうなほどです
でも15人は太り過ぎです

すべての富のうち
6人が59%をもっていて
みんなアメリカ合衆国の人です
74人が39%を
20人が、たったの2%を分けあっています

すべてのエネルギーのうち
20人が80%を使い
80人が20%を分けあっています

75人は食べ物の蓄えがあり雨露をしのぐところがあります
でも、あとの25人はそうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません

銀行に預金があり財布にお金があり家のどこかに小銭が転がっている人はいちばん豊かな8人のうちの1人です

自分の車をもっている人は豊かな7人のうちの1人です

村人のうち
1人が大学の教育を受け
2人がコンピューターをもっています
けれど、14人は文字が読めません

もしあなたがいやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるならそうではない48人より恵まれています

もしもあなたが空爆や襲撃や地雷による殺戮や武装集団のレイプや拉致におびえていなければそうではない20人より恵まれています

1年の間に、村では1人が亡くなりますでも、1年に2人赤ちゃんが生まれるので来年、村人は101人になります

もしもこのメールを読めたなら、この瞬間、あなたの幸せは2倍にも3倍にもなりますなぜならあなたにはあなたのことを思ってこれを送った誰かがいるだけでなく文字も読めるからです

けれど何よりあなたは生きているからです

昔の人は言いました
巡り往くもの、また巡り還る、と

だからあなたは、深ぶかと歌ってくださいのびやかに踊ってください心をこめて生きてくださいたとえあなたが、傷ついていても傷ついたことなどないかのように愛してください

まずあなたが愛してください
あなた自身と、人がこの村に生きてあるということを

もしもたくさんのわたしたちがこの村を愛することを知ったならまだ間にあいます
人びとを引き裂いている非道な力からこの村を救えますきっと


戻る