我は生きようとする生命に取り巻かれた生きようとする生命だ。
シュヴァイツァー

賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、 生きなければいけないだけ生きる。
モンテーニュ

このお盆に生きている全部の人間は、単に今年度の生き残り分にすぎない。
吉川英治

人生が死より恐ろしいところでは、あえて生きることが最後たる真の勇気である。
トーマス・ブラウン

人生は素晴らしいが、人生の終わりは死である。 これは、いかなる人の望みの究極でもある。
スウィンバーン

人生は山登りのようなものさ。 登っている間は人は頂上を見ている。 そして自分を幸せと感じるが、上に着いたが最後、たちまち下りが見える。 終わりが、死である終わりが、見える。
G.モーパッサン

死を恐れることは、自分が賢くもないのに賢いと思うことと同じである。
クラウディウス

生きたいと思わねばならない。 そして死ぬことを知らねばならない。
ナポレオン

死だけが唯一の本当の締め切りである。 生きている限り、学ぶべき事が未だある。
エレン・スー・スターン

人類はまだ未成年であり、死は一つの未成年者誘拐である。
ルイス・ニュセラ

死ぬことはなんでもないが、 この世と別れるのが僕には辛い。
マルセル・パニョール

我々は、大人も子供も、利口も馬鹿も、貧者も富者も、 死においては平等である。
ロレンハーゲン

僕が死を考えるのは、死ぬためじゃない。生きるためなんだ。
マルロー

人間はまだ十分に幸福ではなかったからこそ死を恐れるのである。 最高の幸福に恵まれれば、すぐに死にたいと思う。
エンゼ

死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない。
ジョージ・エリオット

我々はときおり、 悪夢から目覚めた瞬間に自らを祝福することがある。 我々はおそらく、死んだその瞬間をみずから祝福することであろう。
N・ホーソン

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これは夏に着る着物であろう。 夏まで生きていようと思った。
太宰治

死すべき時を知らざる人は、生くべき時を知らず。
ラスキン

私はあの世なんて信じない。 だけど、着替えと、少しばかりの金は持っていくつもりさ。
ウディ・アレン

このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、 最初からずっと、死に方を学んでいたのだ。
ダ・ヴィンチ

[1] [2] [3] [4] [5]
英語
[1]


★imodeBEST100★
★SoftBankBEST100★
★EZwebBEST100★
-名言・格言・いい言葉-