今年の漢字2001
「戦」(セン、いくさ、たたかう)
米国同時多発テロ事件で世界情勢が一変。 リストラ、失業、デフレ、狂牛病との戦いで、生活そのものが戦場なのに、 対テロ戦争、炭そ菌との戦い、世界的な不況との戦いが始まり、毎日が戦々恐々。 小泉首相も構造改革の抵抗勢力と戦い、 イチロー選手や高橋尚子選手も戦いの末、大記録を樹立して‥‥ すべての出来事に「戦いの世」を実感。 見えない明日、見えない敵、自分自身とも戦った年。
○今年の漢字トップテン
1位 「戦」(セン、いくさ、たたかう)
2位 「狂」(キョウ、くるう)
3位 「乱」(ラン、みだれる、みだす)
4位 「恐」(キョウ、おそれる、おそろしい)
5位 「命」(メイ、ミョウ、いのち)
6位 「壊」(カイ、こわす)
7位 「爆」(バク、ホウ、ハク)
8位 「新」(シン、あたらしい、あらた、にい)
9位 「崩」(ホウ、くずれる)
10位 「牛」(ギュウ、ゴ、うし)

○選ばれた理由
 「狂」狂牛病、テロ事件、池田市の児童殺傷事件……世の中が狂っていると感じた年。
 「乱」国外ではテロやアフガン空爆。国内では波乱ぶくみの小泉内閣。内外ともに乱れた年。
 「恐」身も凍る事件が多発。どこにいても“恐怖”と背中合わせと感じた一年。
 「命」えひめ丸沈没やテロで尊い命の失われた一方、新しい生命も生まれた。
 「壊」価格破壊、経済構造の崩壊。ながびく不況で人々の生活も崩壊。
 「爆」自爆テロ、アフガン空爆…。ビルと一緒に、世界の平和がはじけ飛んだ。
 「新」小泉新内閣や、皇室の新宮ご誕生。新しい世紀への期待も…。
 「崩」世界貿易センタービルとともに、経済も平和も、崩壊してしまった…。
 「牛」狂牛病におびえ、近鉄バッファローズの猛牛打線で沸いた一年。


★imodeBEST100★
★SoftBankBEST100★
★EZwebBEST100★
-今年の漢字まとめ-