カテゴリー:人
▼下へ
人間はすべて善であり、悪でもある。極端はほとんどなく、すべて中途半端だ
A・ポープ
男性はすべて嘘つきで、浮気で、にせもので、多弁で高慢かつ卑怯者で、見下げ果てた者で、情欲の奴隷だ。女性はすべて裏切り者で、ずるくて、虚栄心が高く、物見高く、性根が腐っている
アルフレッド・ド・ミュッセ
何百万という人類の滅亡よりも、自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ
ウィリアム・ハズリット
愉快なことを理解できない人間に世の中の深刻な事柄がわかるはずがない
ウィンストンチャーチル
哲学がないと人間は自分が何のために生まれたか分からない。宗教がないと自分がなぜ生まれたか分からない
エリックギル
偉大な人間はアイディアについて話し、凡庸な人間は出来事について話し、狭量な人間は人々について話す。
エレノア・ルーズベルト
人間は創造主がつくった傑作である。だが誰がそう言うのか―人間である
ガバルニ
人間は努力する限り迷うものだ
ゲーテ
現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。 人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長していくだろう
ゲーテ
少年のころは、打ちとけず反抗的で 青年のころは、高慢で御しにくく おとなとなっては実行にはげみ 老人となっては、気がるで気まぐれ! 君の墓石にこう記されるだろう たしかにそれは人間であったのだ
ゲーテ
10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。
ゲーテ
人間は他人の経験を利用するという特殊な能力をもった動物である
コリンウッド
神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える
シェークスピア
なんびとにもせよ、まったく突如として、人は生きているのである
ショーペンハウエル
人間は好んで自分の病気を話題にする。彼の生活の中で一番面白くないことなのに
チェーホフ
人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである
ドストエフスキー
愚人は過去を、賢人は今を、狂人は未来を語る
ナポレオン
誰も信用しない人は大抵誰からも信用されないものである
ハロルドマクミラン
人は習慣を好む、なぜならばそれを作ったのは自分だから。
バーナード・ショウ
もしクレオパトラの鼻がもっと低かったなら、 世界史の表情は変わっていただろう。 人間のむなしさを知ろうとするなら、恋愛の原因と結果とをよく眺めるがよい。
パスカル
12 >

戻る