カテゴリー:女
▼下へ
女は自分の美点のために愛されることにときとして同意するが、常に好むのは、自分の欠点のために愛してくれる人のほうだ。
A・プレヴォ
私には女たちが象と同じように思える。 眺めるのは好きだが、家に欲しいとは思わない。
W・C・フィールズ
もし神が女性に男性を支配させたいと考えていたなら、神はアダムの頭から女性を創ったであろう。 また、もし神が女性を男性の奴隷にしようと考えていたなら、アダムの足から女性を作ったであろう。 だが、神はアダムのわき腹から女性を創り給うた。
アウグスティヌス
女達は、なぜとか、どうしてとかいう事を抜きにして愛されることを願う。 可愛らしいとか、善良だとか、上品だとか、頭がいいとかいう理由ではなく、 彼女らは彼女自身でありたいからだ。
アミエル
埃は羽より軽く、風は埃より軽く、女は風より軽い。
アルフレッド・ド・ミュッセ
女性が最も激しく愛するのは往々にして最初の愛人であるが、女性が最も上手に愛するのは常に最後の愛人である。
アンドレ・プレヴォ
女性が鏡に映して自分を見るのは、自分の姿を見るためでなく、自分がどんなふうに他人に見られるかを確かめるためだ。
アンリ・ド・レニエ
学問のある女性のたいていは、商品を全部ショーウィンドウに並べて、店のほうを空っぽにしておく商人に似ている。
オットー・ライクスナー
女の推量は、男の確信よりもずっと確かである。
キプリング
女はたとえ百人の男にだまされても、百一人目の男を愛するだろう。
キンケル
女性はたとえ自分を愛する男が野獣のようなものであろうと、愛され崇められれば無関心ではいられないものだ。
ゲオルギウ
なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するのだろう。 賢い男は美人と結婚しないからだ。
サマセット・モーム
弱き者よ、汝の名は女
シェークスピア
女の口から出る「いいえ」は否定ではない。
シドニー
女が衣服を身に着けるのは、それを脱ぐためである。
ジョージ・ムーア
私は私が男でないことを嬉しく思います。 男だったら、私は女と結婚しなければなりませんもの。
スタール夫人
女は男よりも利口である。というのも、女は知ることは少なく、理解することがより多いから。
ステファンズ
三つのものが強く女を動かす。利害と快楽と虚栄とである。
ディドロ
愛している女は、男から愛されていないのではないかといつも恐れている。 愛していない女は、男から愛されているといつもうぬぼれている。
ディワイエ
多くの女性は男性を変えようとする。そして、変えることに成功すると、その男が好きでなくなる
デイトリヒ
12 3 4 >

戻る