カテゴリー:宗教
宗教
▼下へ
人類史は記号の歴史、つまり宗教の歴史である。
アラン
信仰のないところに精神はない。 外部に支えを求める精神は弱い精神である
アラン
無宗教-世界中の偉大な信仰の中で一番重要な信仰。
アンブローズ・ビアス
宗教とは、知性の破壊力に対する自然の防禦(ぎょ)的反作用である。
アンリ・ベルクソン
不死不滅という希望は、いかなる宗教からももたらされないが、大半の宗教はその希望からきている。
インガソル
迷信は弱々しい心の宗教である
エドマンド・バーク
われわれがインチキだと呼ぶもろもろの宗教もかつては本物だった。
エマーソン
宗教というものを考えるとすれば、ぼくは信ずることの出来ない連中のためのひとつの宗教を聞きたい。これを「不信者の教団」と呼んでもいい。
オスカー・ワイルド
宗教は、それが真実であることを立証されるときは終焉する。科学は死んだ宗教の記憶である
オスカー・ワイルド
不可思議は宗教の根本である。
カーライル
宗教は生命の塩であり、力である。
カール・ヒルティ
あらゆる宗教は道徳をその前提とする
カント
宗教とは、われわれの義務のすべてを神の命令と見なすことである。
カント
さまざまな宗教があるが、それらはみな同一の地点に集まり通ずる様々な道である。 同じ目的地に達する限り、我々がそれぞれ異なった道をたどろうと構わないではないか
ガンジー
迷信は神々に対する無感覚の恐怖から成り、宗教は神々に対する敬虔なる崇拝から成る。
キケロ
すべての宗教は、それがいかに幼稚かつ未熟であろうとも、常に弁神論でしかありえない。
コーヘン
知識は信仰に従わなければならない。知識は信仰を出し抜いたり、ましてや、それを裂いたりしてはならない
コント
神が存在しないとしても、やはり宗教は神聖であり神性を備えているであろう。
シャルル・ボードレール
宗教とは絶対帰依の感情である
シュライエルマッハー
人間のどんな誤りも、どんな不忠実も、イエスの福音(キリストによって人類はすくわれるという教え)から、その中に含まれた真理を除くことは出来ない
シュヴァイツァー
12 3 >

戻る